Tool.02

『簡易Peppol Builder(ペポル ビルダー)』

2022.03.23

簡易的な、日本版Peppolのビルダー(XMLファイル作成ツール)を作成しました。※2022.03.23現在、まだ暫定版です。
特別なツールや製品を購入しなくても、簡易的に電子インボイスの標準フォーマットであるPeppolに準拠したXMLファイルを作ることができます。 SATSAVEの製品版には、正式版を組み込む予定です。

請求書番号※ 
請求書種別   380:請求書で変更不可、固定です。
発行日※    yyyy-mm-dd形式(10文字)で入力してください。
請求元※    請求元の会社名を入力してください。
登録番号    Tで始まる14桁の適格請求書登録番号を入力してください。(省略可)
請求先※    請求先の会社名を入力してください。
明細1※   品名 
       単価   数量   税率 
明細2    品名 
       単価   数量   税率 
明細3    品名 
       単価   数量   税率 
明細4    品名 
       単価   数量   税率 
値引      総額に対する値引きで、明細1と同じ税率を適用します。
 「※」は必須項目
必要項目を入力し「XMLの生成」を押すと、XMLの内容が下記テキストボックスに生成されます。
コピーしてUTF-8形式でファイルに保存してください。 

簡易Peppol Viewer(ペポル ビューア)と合わせて、2023年10月1日からに施行されるインボイス制度(適格請求書等保存方式)への準備としてお使いください。
このツールにて生成されるXMLファイルは、日本版Peppolに準拠したものになりますので、このファイルの授受でも一応は電子インボイス対応となります。
ただし、Peppolは売り手と買い手がネットワークで接続され、授受も含めたトータルの仕組みでもありますので本格的な電子インボイス対応を予定している方は、SATSAVEのPeppolネットワーク対応までお待ちください。

無料プランから使い始めることができ、安心してお使いいただけるシステムですので、インボイス制度を見据えた電子帳簿保存法対応システムの導入をご検討の際には、候補の1つとしてください。

変更履歴:
・2022.03.23 暫定版公開(請求書のみ対応)

今後の予定:
・JP PINTに対応
・前回入力値の記憶
・住所の入力に対応
・担当者の入力に対応
・請求書種別(デビットノートなど)の追加
・クレジットノートへの対応
・製品版への組み込み
・Validチェックの強化
・単価値引き、明細値引きの入力対応
・表示項目の拡充